第2回地域活性化セミナー

「インバウンドによる地域活性化の可能性を探る
-訪日外国人受入をどう捉えるか-」
                                  平成28年2月5日(金)開催

 今回は
「インバウンドによる地域活性化の可能性を探る - 訪日外国人受け入れをどう捉えるか -」
をテーマに、ゲストスピーカーに「道頓堀ホテル」を運営する株式会社王宮の 橋本 明元(めいげん) 専務をお迎えし、本学観光学部 辻本 千春 教授とともに、昨今激増している訪日外国人の受入態勢について考えました。

株式会社王宮 専務 橋本 明元 様のご講演は、「外国人観光客の心をつかむマネジメント」として、訪日外国人に絶大な人気を誇る「道頓堀ホテル」のさまざまな工夫や取り組みを、映像を交えながら詳しくご説明いただきました。

本学観光学部 辻本 千春 教授は、「インバウンドの現状とインバウンドによる地域活性化・ビジネスの可能性を考える」として、たくさんのグラフを用い右肩上がりで増加する訪日外国人の現状や、またそれによって地域のにぎわいや地域の店舗・企業のビジネスが活性化している事例などが解説されました。

最後に、橋本様と辻本教授とのディスカッションが行われ、これからの訪日外国人に対する方向性について積極的な意見交換が交わされました。
また、質疑応答の時間ではオーディエンスからもたくさんの手が挙がり、セミナー終了時間まで橋本様や辻本教授と活発にやり取りが行われていました。

なお、「第2回地域活性化セミナー」開催にあたり、司会進行役のオユン・バヤルマーさんをはじめ受付や事前準備などでたくさんの学生も協力してくれました。

ご講演いただいた 橋本 明元 様・本学 辻本 千春 教授をはじめ「第2回地域活性化セミナー」に参加してくださった方々、セミナー開催に協力してくださった学生の皆さん、ありがとうございました。