研究/研究会

研究発表大会
所員と学外研究員による研究発表大会
平成30年度
第1回 観光学研究所研究発表大会
テーマ「平成最後の観光を考える」
  
    日 時:平成30年7月14日(土)13:00~16:00
    場 所:大阪観光大学 明浄3号館2階国際交流サロン
    参加費:無料
    
    所員発表:「大河ドラマと観光・シティプロモーション
            -『おんな城主 直虎』舞台地の浜松市を事例に-」
               大阪観光大学 中村忠司
    所員発表:「LCC利用訪日外国人観光客の関西観光の今後への視点
            -関西国際空港におけるアンケート調査からの考察-」
               大阪観光大学 稲本恵子
    学外研究員発表①:「観光学の視点から観光丸を再考する
                      -観光丸は観光の用例のトップで良いか-」
               ホリスティックライフ研究所 上田卓爾
    学外研究員発表②:「江戸時代のトイレ文化に関する一考察」
               山路茂則
    学外研究員発表③:「人材を育成するという視点からの労働力確保
                      -栃木県板室温泉と青森県弘前市の事例を通して-」
               育英大学 鑓水浩
          

ニューツーリズム地域活性化研究会
観光、特にニューツーリズムによる地域活性化やまちづくりの推進に研究や事例を通して貢献することを目的に活動しています。
平成29年度
第1回ニューツーリズム地域研究会
健康・スポーツツーリズムによる地域活性化を考える
  -ニューツーリズムの観光推進-
    日 時:平成29年4月27日(木)18:00~20:00
    場 所:大阪観光大学 明浄3号館2階国際交流サロン
    内 容:事例1「阪南市の事例-旅行会社を活用した新たな地域の魅力の掘り起こし」
             近畿日本ツーリスト株式会社和歌山支店 次長 佐々木康敏氏
       事例2「九州オルレの成功事例紹介とニューツーリズムの特徴について」
             大阪観光大学教授 辻本千春
       質疑応答・自由討論

    申込先:大阪観光大学観光学研究所事務局までFax、郵送またはメールでお申込みください。
    申込締切日:平成29年4月24日(月)

     詳細はコチラをご覧ください。